単身で引越しをするなら業者に依頼!快適に新生活を始めるコツ

流れを知ろう

ダンボール

人生で引越しをする回数はそうそうないと言っても過言ではありません。その理由として敷金礼金が高かったり、時間がなかったりするからです。単身ならなおさらですよね。ですので、引越し業者に依頼をする流れを把握しておくといいでしょう。まず、引越し当日になると30分前にはスタッフが自宅に到着します。そして、荷造りから依頼している場合は、あなたは何もしなくてもいいですよ。ただし、スタッフの動きを監視したいなら、立会をしてもいいかどうか尋ねておくといいでしょう。また、以前ならダンボールに食器などを荷造りされていましたが、今ではクッションのついた専用のケースに収納してもらえるため、破損等のトラブルが起きにくくなっていますよ。他にも、タンスや机などの大型家具も専用のシートに包んでから運ぶので、傷がつきにくくなっています。そして、丁寧にトラックに運んで引越し先の新居に到着したら、まずは大型家具を取り出し設置してくれます。単身ではできない作業なので嬉しいですよね。また、家具などを新居に運ぶ前に養成シートで壁や階段を保護してくれるので、不安に思うことがありませんよ。そして、タンスなどの設置が終わると洋服を専用のケースから取り出して丁寧にハンガーにかけてくれたり、はたまた折りたたんでくれたりします。そして、これらの作業が完了すると養成シートをきちんと剥がしてもらえます。それだけでなく、引越しの際に出たゴミは全て業者が片付けてくれるので、単身者の負担になりませんよ。これらを単身で行なうと果てしない時間がかかってしまうので、評判の良い専門業者に依頼するのが鉄則です。